硝子体出血の原因

硝子体出血の原因

■網膜の出血が硝子体へ流れ込む「硝子体出血」

 

「目玉」という呼び方もする眼球がありますね。眼球の中は「硝子体(しょうしたい)」というゲル状の物質で満たされています。しかし、何らかの原因で、硝子体が萎縮してしまうことでしわができ、そのしわによって飛蚊症(ひぶんしょう)という症状が起きてしまいます。

 

飛蚊症は、視界の中に虫のような点々が見えたり、糸くずのみたいなものが浮遊しているように見えたり、ぼんやりとした影のようなものが視界を覆ってしまったりする症状です。目線を動かしてもこの点々や線のようなものが追ってくるような動きをするのが、飛蚊症の特徴です。

 

また、硝子体は、本来目の一番奥の「網膜」という膜と接合されています。ですが硝子体が萎縮してしまって網膜の接合が剥がれてしまうなどの原因で、網膜の表面に張り巡らされいる毛細血管が破れて出血することがあります。出血した血液が硝子体に流れ入ってしまうと、それが濁りを作って飛蚊症を作り出してしまいます。

 

これを「硝子体出血」と呼びます。硝子体には血液は通っていないので、もしも視界に滲むような影がぼんやりと現れたら、それは硝子体出血による飛蚊症だと推測されるでしょう。

 

■硝子体出血が起きる3つの原因

 

硝子体出血が引き起こされるきっかけを3つ上げてご説明します。

 

・老化
老化によって、硝子体と網膜を接合するコラーゲンが不足して剥がれてしまう、「後部硝子体剥離」が起きます。後部硝子体剥離のみですと問題はないのですが、網膜が剥がれる「網膜剥離」が起きると視力低下や失明する恐れがあります。網膜から出血することで硝子体出血に繋がります。

 

・糖尿病性網膜症
糖尿病を患っている人が合併症として引き起こす、目の病気です。発症すると、糖尿病を治さない限り、合併症も治りにくいです。進行すると硝子体出血が起き、失明する恐れもあります。

 

・網膜中心静脈閉塞症
網膜の表面に張り巡らされいる血管が塞がってしまうことで、出血が起きます。この出血により、硝子体出血が引き起こされます。

 

 

硝子体出血がある場合は、早急に出血を取り除かなければ、多くの場合は失明が心配されます。視界に、滲むような影状の飛蚊症が広がってくるのが特徴なので、こんな症状があれば硝子体出血を疑い、専門医にかかって治療してもらう必要があります。病気を見逃さないように、少しでも気になることがあれば眼科に行きましょう。