症状の個人差

症状の個人差

■飛蚊症は個人差がある

 

飛蚊症は、目の中の硝子体にしわが出来たり、目の奥の網膜から他の物質が入り込むことで硝子体が濁り起きます。視界の中に虫のような点、糸くずのような線が浮かんでいるように見える現象です。硝子体の中のしわや異物によって生じますが、その時の条件によって見え方が変わるので、飛蚊症の症状には個人差があります。

 

虫のような点が幾つもあったり、線であったり、色は黒や白、半透明に見えることもあります。軽度の症状であれば全く気にしなくても平気で、少し経つと消えてしまう場合もあります。しかし病気が原因で症状が酷いと、気になってしょうがないくらいになり、日常生活に支障が出ることもあります。

 

点々が増えたり、ぼや〜っとした滲むような影状の飛蚊症が現れたりします。飛蚊症の原因となる病気とは様々です。例えば、目の中の硝子体と目の奥の網膜が剥がれて孔が空いてしまう網膜裂孔、網膜剥離、硝子体の血管が傷つく硝子体出血などなど。

 

また、ぶどう膜炎や糖尿病性網膜症など、他の病気の合併症として飛蚊症が引き起こされることもあります。飛蚊症の症状が気になる上に、飛蚊症の原因である病気のことも心配で・・・これらによって受けるストレスが飛蚊症の悪化にもなってしまいます。

 

軽度の症状で自覚症状を持たない人の場合、病気を見逃す恐れがあるとも言えます。特別支障もないので、目の病気とも気づかない人がいるのです。重い症状を自覚している人なら尚更です。眼科で検査してもらい、必要であれば投薬などの治療を施してもらうのが良いでしょう。