不安や心配・気にしすぎが飛蚊症を悪化させる

不安や心配・気にしすぎが飛蚊症を悪化させる

■人によっては気になってしょうがない

 

飛蚊症の症状では、視界の中に点々や糸くずが浮いて見えたり、影や煙のようなものが視界を覆っているように見えます。飛蚊症は、病気が原因でもおきますが、多くの場合は老化などが原因で起こる目の疾患です。

 

目の組織が老化して壊されてしまうことで、形が変化したりして出血が起きます。出血が視界を移している組織に「濁り」を作ることで、視界に影を落としてしまうのが飛蚊症の疾患です。

 

老化という生理現象で起きるため、言うなればどんな人にでも起こる可能性があるということですね。自覚症状がないほど軽い症状が起きているかもしれないです。そう、大抵の場合は視界に違和感を覚えても、日常生活に支障がない程度のものです。気にしないでいるうちに症状が改善されて、飛蚊症が消えているというパターンも少なくないです。

 

しかし、中には酷い症状で悩んでいる人もいらっしゃいます。飛蚊症が増えたり、だんだんと広がってくることで視界を覆うような病状もあるのです。飛蚊症はストレスなどの心因性でも悪化しますので、不安や気にしすぎる気持ちを抱え込むと、ますます病状が大きくなります。

 

飛蚊症が気になりだしたら、まずは、自分がどの程度の飛蚊症なのかを病院で診てもらうと良いと思います。目の疾患なので眼科にかかってくださいね。眼科で検査をして、生理現象で起きているものかそうでないかを判断してもらいましょう。

 

生理現象で起きている飛蚊症であれば、炊いての場合は「心配しなくても大丈夫です」という診断をお医者様の口からいただけると思います。治療に薬を用いることは少ないですが、食事方法の見直しで飛蚊症を改善することができます。サプリメントを使用するやり方もあります。

 

病気が原因であれば相応しい治療を行ってもらえるでしょう。時には手術やレーザー治療を選択することもあると思いますが、原因を取り除けば多くの場合は飛蚊症が改善されるでしょう。大小あれど、視界を奪われるというのは、不安なものだと思います。でも、気にしすぎることで症状が悪化するということと、改善の方法があるということを知っておけば、少し気持ちに余裕ができると思います。

 

適切なアドバイスを貰うためにも、気になったときは眼科で見てもらうようにしましょう。また、飛蚊症は目への過度な負担・疲労の蓄積でも悪化します。日頃からパソコン作業を行っている人や、スマートフォンの操作時間が多い人は、これからは目を休ませる時間を多くとってあげてください。