えんきん

えんきん

年齢とともに身体のあちこちが痛くなったり動かなくなったりするのと同じように、目も加齢に伴って老化していきます。

 

目の衰えの原因は水晶体の弾力性の低下で、近くや遠くを見る際のピント調節がスムーズにいかなくなってしまいます。

 

 

ルテインとアスタキサンチンの抗菌化作用

 

「手元が見えづらい」「ピントが合いにくい」と感じたことがある方は、もしかしたら目が衰えているのかもしれないので、早めの対処が必要です。かと言って、老眼鏡を使用するのはやはり抵抗がある方が多いようで、見えにくいまま日常生活を送っていくのには、危険な場合もあります。

 

そこで、数々のサプリメントを販売しているファンケルから、目のサプリメントで初の機能性表示食品である「えんきん」が登場しました。

 

中高年の手元のピント調節力をサポートするサプリメントとして、ほうれん草に多く含まれるルテインや魚に多く含まれるDHA、いくらや鮭に多いアスタキサンチンやブルーベリーに多いシアニジン-3-グルコシドと呼ばれる成分が配合されています。

 

特にルテインとアスタキサンチンは、加齢や使いすぎで減少してしまう見えづらさをサポートするもので、年齢によるサビと闘ったりピント調節力に関わる成分として重要です。DHAも目の健康には欠かせない成分ですし、「えんきん」の効果は手元のピント調節機能をサポートするだけでなく、疲れ目や目からくる肩凝りや首筋の負担を和らげてくれるところもあります。

 

効果も歴然のピント調節機能

 

臨床試験済みということで、日常的に目の疲れを実感している中高年の方を対象にしたところ、約4週間で手元のピント調節力の改善が認められたそうです。

 

効果が出るまでの期間は個人差があるかもしれませんが、口コミでの評判も良く、「夕方になると見にくくなっていた疲れ目が改善した」「長時間テレビやパソコンを見ても大丈夫になった」などと好評です。

 

お試し価格もあるので、老眼になってしまったから老眼鏡を買わなきゃと考える前に、まずは「えんきん」を試してみてはどうでしょうか。